神奈川県立釜利谷高等学校本文へジャンプ
 

クリエイティブスクール
  


  平成26年4月にクリエイティブスクール第6期生が入学しました。

                          


★こんな授業が受けられます(時間割はこちら pdf)


クリエイティブスクールの基本コンセプト
○ 基礎・基本の学力の定着 Challenge(学びへの意欲)
   わかることが実感できる学びの提供
   学びへの意欲を高め、主体的に学びにチャレンジする環境づくり
○ キャリア教育の推進
Career(キャリア意識の涵養)
   自らの将来像を描き、積極的に進路を選択する力を育むキャリア
   教育の推進
○ 地域との協働 
Community(地域との協働)
   社会人としての規範意識を育て、人間関係の場を提供する地域との
   協働体制
クリエイティブスクールの教育活動
■ 「わかる授業」の展開・学習意欲向上のための工夫
 ○ すべての学習活動を少人数で実施、7クラス規模を10展開
 ○ 学年や科目に応じた少人数の学習集団での授業展開
 ○ 学習進度に応じたコミュニケーション英語基礎の習熟度別授業展開の実施
 ○ 基礎から積み上げる学校設定科目「ベーシックT」の設置(1年次)
   月曜から木曜に毎日25分間で行う国語、数学、英語の基礎学習

■ 進路への意識を高める工夫
 ○ 日本漢字能力検定の資格取得や言語能力の育成及び生徒の基本的な学習
   習慣を育成する学校設定科目「チャレンジ」の設置(1年次)
   月曜から木曜に毎日25分間で行う、漢字及び視写(見た文章などを写す)、
   聴写(聴いたことを写す)、読み聞かせなどの基礎学習
 ○ 大学生による学習講座 土曜教室 の開講
 ○ 夏季休業期間に進路実現のために行うサマーセミナーの開講

■ 自らの生活を考える意識を高める工夫
 ○ 担任とのコミュニケーションの確保、充実
    担任・准担任の複数担任制(1年次)による朝・帰りのホームルーム等での
    コミュニケーション時間の確保、充実
 ○ 教育相談コーディネーターやスクールカウンセラーによる教育相談体制の充実

■ 社会参加の意欲やキャリア意識を高めるための体験活動の充実
 ○ 総合的な学習の時間「体験活動」の設置(1・2年次)による異年齢集団での
   スポーツ、文化活動の体験
 ○ 社会体験、職場体験、インターンシップの実施
   <取組み事例>
    入学時の宿泊研修の実施
    地域の清掃活動や地域行事への積極的な参加
    
■ 特別活動等の活性化による人間関係づくりの工夫
 ○ 文化祭や球技大会、社会見学など学校行事や部活動などを通じ、自主性や
   計画性・協調性を育成
 ○ 清掃やホームルーム活動を通じて責任感を育成
    

■ 社会生活における協働の意識を高める機会の工夫
 ○ 生徒の個性を尊重した個別支援を基本とする生徒指導を実践
 ○ コミュニケーション能力を高めるSSE(Social Skill Education) を取り入れた
   ソーシャルスキルトレーニングの導入

学校運営の新たなしくみの展開

○学校運営協議会制度のしくみを活用した本校独自の教育活動を支援する組織
   「釜利谷協議会」の設置
   活動の主体は次の6部会
     学力向上部会、地域協働部会、キャリア部会
     SSS部会、 SSE部会、 学校評価部会